ちぃちゃんも歳とってきたからかな?


5月末、ちぃちゃんよく肛門あたりをなめるなぁ~って思って見たら
肛門の横にデキモノがあり、痛そう。

この日は獣医さんお休み。
次の日に電話をしてみると

「肛門の4時と8時の方向に肛門嚢がありそれが腫れているから
抗生剤を飲むかそのまま自然放置しておくかですね。」とのこと。

完全室内飼いなのと高齢なので外に出すとストレスになりそうなのでと伝えると
抗生剤だけ取りに来て大丈夫とのことで行ってきました。


ちぃちゃん、ある意味賢いネコ。
夫はきっと食べないだろうから口に直接入れる方法でというので
一人がちぃちゃんを押さえる(だっこする)一人が薬を口の中へ入れる
と簡単にはいかず。

次にウエットなご飯に砕いた薬を入れてみたら見事に食べず…
最後にカリカリの中に薬を入れる
2017-06-03-14-50-02
2017-06-03-14-50-15
上2枚の画像の通り見事に薬をはずして食べている。
ウエットなご飯は完食しているのにね。


インスタにも書いたのですが
飲み薬がだめだったから塗り薬はどうかなと獣医さんに電話したところ
「塗ったところをなめてしまうので逆効果になるのでそのままにしておいたほうがいいですよ」
とのこと。

なのでそのままちぃちゃんの治癒力に任せています。

早く治るといいね。


2017-06-03-07-57-55